レントゲン

カルシウムで骨密度を高く

人間は加齢に伴い骨密度が低くなる傾向にあり、ひどくなると骨粗鬆症になり骨折しやすくなります。骨粗鬆症を予防するためには、カルシウムやビタミンなどを配合したサプリメントを日常的に摂取して骨密度の低下を防ぐ事が重要です。

ニュース一覧

血液

糖尿病へのリスク

赤血球にあるヘモグロビンの1部は、ブドウ糖と結合してヘモグロビンa1cになります。そして、その値が高いほど、糖尿病のリスクが高くなります。そして今、ヘモグロビンa1c値の高い人が多いため、その値を下げるためのサプリメントが人気なのです。

サプリメント

健康に役立つ高原植物

マカは高原植物で国内では健康食品やサプリメントとして利用されています。これに含まれるアルギニンという成分は血行を良くし免疫力を高める効果があります。そのほかにホルモンバランスを整えて更年期障害を改善し美肌をつくる働きもします。

夫婦

記憶力から血中脂肪まで

命を持つ全てのものに不可欠な成分がレシチンです。それは人間にも当てはまり、レシチンは細胞に栄養と酸素を届ける大事な働きをしています。また、血液中のコレステロールを抑制する効果も期待でき、生命維持から健康維持まで幅広い活躍を見せてくれます。

関節

特徴と防ぐための方法

骨粗鬆症とは、骨量が減少することなどで、骨がもろく弱くなり、軽い衝撃でも、骨折がしやすくなってしまうことをいいます。そして、骨粗鬆症の予防には、骨密度を低下させない食事療法や、骨を強くする運動療法が効果的でしょう。

卵黄や大豆が含む栄養の話

栄養剤

すべての細胞に重要な物質

レシチンは脂質の一種で、地球上のすべての動物や植物の細胞に含まれる物質です。細胞膜の主要な成分であるこの物質は、動物性の食品では卵黄やうなぎに、植物性のものでは大豆をはじめとする豆類に特に多く含まれています。レシチンは、マヨネーズやチョコレートなどの食品の製造に欠かせないものとして知られていますが、これは水分と油分を結びつける強い乳化作用のためです。レシチンの持つ乳化作用は、私たちの身体の中でも大切な役割を果たしています。血液中の過剰なコレステロールや中性脂肪を排出し、動脈硬化を予防するのです。この他にも、レシチンには血液の流れをスムーズにする効果や肝臓の機能を高める作用があります。また、肥満防止や生活習慣病の対策にも有効で、加えて脳の活性化や細胞を若々しく保つ作用も期待できると言われています。このように、レシチンは私たちの身体にとってなくてはならない貴重な存在なのです。毎日を健康に過ごすために、レシチンを積極的に摂取することはとても重要です。ただ、普段の食事だけで身体に必要な十分な量を確保するのは簡単なことではありません。たとえば、レシチンを豊富に含む卵黄は、同時に身体に悪影響を与えてしまう可能性があるコレステロールも多く含んでいます。また、栄養のバランスが大切な食事で、大豆製品ばかり大量に食べるというのも現実的ではありません。そこで役に立つのが、健康食品や栄養補助食品などのサプリメントです。これを利用すれば、効率的にレシチンを摂取することが可能で、簡単・便利に健康づくりを行うことができます。また、レシチンのサプリメントは自然由来なので、安心して続けるができるのも魅力です。

Copyright© 2017 レシチンが命綱|100歳まで生き抜くテクニック All Rights Reserved.