ニュース一覧

カルシウムで骨密度を高く

レントゲン

バランスの良い栄養が必要

骨の密度が低下すると骨粗鬆症になりやすくなり、骨折や関節痛を起こしやすくなります。骨粗鬆症は食生活で予防する事ができ、骨を丈夫にする効果のあるカルシウムや体に必要な栄養であるビタミン、骨とともに筋肉も改善するコラーゲンなどを日常的に摂取すると効果的です。毎日これらの摂取を意識した食事を作れなくても健康食品で摂取する方法なら、誰でも気軽に骨粗鬆症を予防する事が出来ます。一般的には、骨粗鬆症は加齢する事でなりやすい症状ですが、骨密度が低くなると年齢を問わずに骨粗鬆症になる可能性があるので若いうちから予防をする事が重要です。また、骨粗鬆症になってしまった場合でも骨密度を高めるためにカルシウムなどを頻繁に摂取する事で改善する事が出来ます。カルシウムの摂取をメインにビタミンなどを同時に摂取できるサプリメントなどが販売されており、骨粗鬆症対策として人気となっています。すでに骨が弱っていて、膝の痛みや腰痛などの症状がある場合は、骨の周りの筋肉も同時にケアする事が必要です。この場合は、筋肉の痛みを改善する効果が高いコラーゲンをカルシウムとともに摂取すると、痛みが和らぎやすくなり効果があります。また、サプリメントを摂取していても運動不足になると、骨の動きが低下してしまうので注意が必要です。散歩の習慣づけたりストレッチを行うと骨が丈夫になります。バランスの良い食生活や健康食品での栄養補助を行い適度な運動を心がける事が、骨粗鬆症の予防策として大切です。

Copyright© 2017 レシチンが命綱|100歳まで生き抜くテクニック All Rights Reserved.