ニュース一覧

糖尿病へのリスク

血液

サプリメントが人気の理由

赤血球にあるヘモグロビンは、体内へ酸素を運ぶため酸素と結合します。しかし、1部のヘモグロビンは、ブドウ糖と結合してヘモグロビンa1cになります。そして、その割合を示す検査値が、ヘモグロビンa1c値といいます。ヘモグロビンa1cは、糖尿病に大きく関わっています。その理由は、血糖値が高い人ほどヘモグロビンa1c値が高くなり、血糖値が低い人ほど値が低くなるからです。例えば、糖尿病を発症していない健康の人のヘモグロビンa1c値は、5.8%以下(国際基準のNGSP値6.2%以下)になります。そして、正常値以上になると、高血糖状態であることになり、糖尿病のリスクがあるのです。また、ヘモグロビンa1c値が、8.0%(NGSP値8.4%)以上になると、様々な合併症を引き起こすリスクがあるため、注意が必要です。検査を受けてみたら、ヘモグロビンa1c値が高かったなど、高血糖状態で悩んでいる方は数多くいます。そのために、ヘモグロビンa1c値を下げるためのサプリメントの人気が高くなっています。ヘモグロビンa1c値を下げるためのサプリメントは、色々な種類があります。中には粗悪なものもありますが、口コミなどを参考にして、効果の高いものを選びましょう。その他にも、サプリメント選びは、無添加であること。そして、安全な原材料を使っていること。さらに、効果を上げるためには、継続して摂取する必要があります。そのために、続けやすい値段であることなどがあげられます。

Copyright© 2017 レシチンが命綱|100歳まで生き抜くテクニック All Rights Reserved.