ニュース一覧

特徴と防ぐための方法

関節

特徴と種類

骨粗鬆症とは、骨量が減少することや、骨組織の異常のために、骨が弱くなることをいいます。そのために、軽い衝撃でも、骨折がしやすくなってしまうのです。骨粗鬆症の種類には、原発性骨粗鬆症と続発性骨粗鬆症があります。そして、それぞれに特徴があり、どちらも予防や治療をすることが大切です。まず、原発性骨粗鬆症は、閉経後の女性や高齢者に多く見られます。そして、症状は、骨折によって、疼痛や変形が現れることです。また、股関節の骨折や、手首の骨折や、 脊椎圧迫骨折が多くみられます。一方で、続発性骨粗鬆症は、病気や薬や栄養障害などが原因で起こります。そして、ステロイドの投与による骨粗鬆症は、脊椎椎体圧迫骨折の症状が多く見られます。さらに、脊椎椎体圧迫骨折は、脊髄が圧迫されることにより、下肢の運動知覚麻痺や排尿排便障害が起こる場合があります。骨粗鬆症の症状が見られたら、予防することが大切です。そして、骨粗鬆症の予防には、骨密度を低下させない食事療法や、骨を強くする運動療法が効果的です。まず、食事療法による予防ですが、乳製品や小魚や小松菜などのカルシウムを多く取りましょう。そして、サケやウナギやサンマなどのビタミンDや、納豆やホウレン草やニラなどのビタミンKも良いでしょう。また、サプリメントの摂取でも効果的です。次に、運動療法による予防ですが、ウォーキングやジョギングやエアロビクスなどが、骨を強くするには効果的でしょう。そして、なるべく体の状態にあわせた運動をすることが大切です。

Copyright© 2017 レシチンが命綱|100歳まで生き抜くテクニック All Rights Reserved.